FC2ブログ

Manic Street Preachers 「Journal For Plague Lovers」

 マニックスもデビューからもう9作目のアルバムとは感慨深いですな。
 この新作は3作品目の「ホーリー・バイブル」の続編として作られたそうです。ちなみに私マニックスのアルバム全部持ってます。「ホーリー・バイブル」以外は・・・・・

 ホーリー・バイブルを聴いたことがない先入観なく聴いた者の感想としては、「マニックスの王道じゃないか」という感じです。想像してたほどソリッド感はないし(そういう意味ではKnow your enemyのほうが硬派な感じでした)、マニックスらしい音だなと思いました。私は⑧⑫が好きです。

 この新作の特徴は、言わずと知れたリッチーエドワーズの詩が使われているところです。
 彼らはクラッシュに憧れてパンクをはじめたと言われていますが、マニックスの音(というかジェームスの作る音)はデビュー当初から一貫してオーソドックなハードロックです。
 音だけ考えれば、ここまで長続きできるようなバンドではなかったような気がします。それがリッチーというバンドの精神的支柱が築いたバンドの姿勢や独特の詩のセンスにより、今のバンドコンセプトが導かれたと考えています。

 作曲したことがないので、あくまで予想ですが、リッチーのあのネイティブでもわからないと思われるボキャブラリーによる難解な詩に曲をつけるのは至難の業ではないでしょうか。ジェームスのそのメロディセンスも特筆すべきものです。
 
 デビュー当時に比べれば、現在の方が、演奏・作曲技術、サウンドプロダクション能力、センスなどが格段に良くなっているのは当然のことですが、リッチーの破滅的なattitudeとmotown junk、stay beautiful、享楽都市の孤独といった曲で魅せた輝きは今も色あせないのです。



にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)