FC2ブログ

Morrissey 「Years Of Refusal」

 ザ・スミスを初めて聴いたのは彼らの解散後でしたから、私はスミスを同時代で体験した熱心なファンではありません。それでもスミスの美しいメロディと詩による奇跡的な名曲の数々はレジェンドとしかいいようがありません。
 
 モリッシーは、その詩の独特のセンスはもちろんですが、やはりヴォーカリストとしての個性と確かな技術があると私は思います。
 自分が弱ったときとか、悲しい時にはモリッシーのヴォーカルはとても心に響くんですよね。

 モリッシーのソロアルバムはほとんど聴いていると思いますが、今回のはかなり好きかもしれない。彼のソロキャリアを振り返ると、初期に名曲が多いような気がしますが(suedeheadとかeveryday is like sundayとかね)、それに負けないような佳曲がそろっています。④⑥⑦が好きです。

 ~that's how people grow up~
 ぼくは時間を無駄にしていた
 恋に落ちようとして
 失望がぼくのもとを訪れて蹴飛ばし殴りつけて怪我を負わせた
 でも人間はそうやって成長するものなのさ
 そうやって成長するものなのさ
 (新谷洋子訳)


インタビューの様子やtv出演時のパフォーマンスが収録されたdvdがついています。しかしモリッシーも老けましたね。


にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽