FC2ブログ

Franz Ferdinand 「Tonight」

 フランツ・フェルディナンドといえば、何といってもデビューアルバムの「take me out」という一発の曲が強い印象がありますし、彼らの代表曲は今でもあの曲でしょう。
 今回のニューアルバムも80年代風のダンスロックチューンといった感じの基本路線は変わっていないです。曲はどれも平均以上のよい曲で、特に⑥はきれいなメロディラインが印象的です。
 
 ところで、バンド、アーティストが世に出るときの一発目の曲(アルバム)がすごくよかった場合、なかなかそれを超えるような曲を2ndアルバム以降に出せないということって、よくありませんか?

 例に出すのは悪いけど、最も極端な例がオアシス。1stのdefinitely maybeは、どの曲をとってすばらしいメロディに溢れていました(slide awayなんかすごくメロディアスで好きだなあ)。昨年に出された彼らの最新アルバム「dig out your soul」は、「1stに匹敵するアルバムだ」というふうに言われていますが、私はやはり、そうは思えなかったです(とてもよいアルバムだとは思いましたけど)。
 やはり、アーティストにとって、よい曲(よいメロディ)を書き続けるということは、非常に難しいことなんだろうなあと思うわけです。
 そういう意味でもずっとよい曲を普遍的に書き続けてるレッチリ(及びジョン)は、稀有な存在なんだなと感じます。(「お前が単にファンだから、そう思うだけだろ」と言われるかもしれませんが・・・)

 

 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽