FC2ブログ

The Prodigy "omen"

 これこれ。この不穏な感じがプロディジーです。
 
 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

The Prodigy 「Invaders Must Die」

 久しぶりにプロディジーっぽい音ですね。うきうきします。私的にはプロディジーは、2ndの「music for the jilted generation」と1stの「experience」なんですよ。①②がパンキッシュなテクノサウンドといった感じでとてもかっこよいです。④の高速ビートも最高です。その不穏なルックスや、パンクなattitudeも彼らの魅力でもあります。

 世界的に売れまくった「fat of the land」はいま一つピンとこなかったんです。あまりにもロックしすぎだったのがちょっと違うなあと感じてたのです。(あんまり彼らがロックしすぎても本当のロックバンドには勝てっこない)
 ミクスチャーとよく言われますが、プロディジーはテクノサウンドを基調にロックを融合させるという先駆者であったと思います。
 ・ロックを基調としてファンクと融合させたレッチリ
 ・ロックを基調としてヒップホップと融合させたレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
 ・ヒップホップを基調としてロックと融合させたビースティーボーイズ
 ・ロックを基調としてハウスサウンドと融合させたストーンローゼス
などなど、異ジャンルのおいしいところを掛け合わせると、とてつもなくかっこいい音になるというのが上の例でわかります。

 

 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村 

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

The Vines "kara jayne"

 この曲も心に染みるいい曲だなあ
 サビのコーラス部が最高。ヴァインズが「ビートルズ ミーツ ニルヴァーナ」と言われていたのが納得のメロディセンス
 
 cdを購入した時はあんま聴きこまなかったりして気付かなかったですが、改めて聴きなしてある日突然「これは名曲だ」と気づくことが私の場合よくあります。

 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

The Vines "true as the night"

 ヴァインズのtrue as the night
 すごくきれいなメロディのいい曲ですね。
 


 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

Franz Ferdinand 「Tonight」

 フランツ・フェルディナンドといえば、何といってもデビューアルバムの「take me out」という一発の曲が強い印象がありますし、彼らの代表曲は今でもあの曲でしょう。
 今回のニューアルバムも80年代風のダンスロックチューンといった感じの基本路線は変わっていないです。曲はどれも平均以上のよい曲で、特に⑥はきれいなメロディラインが印象的です。
 
 ところで、バンド、アーティストが世に出るときの一発目の曲(アルバム)がすごくよかった場合、なかなかそれを超えるような曲を2ndアルバム以降に出せないということって、よくありませんか?

 例に出すのは悪いけど、最も極端な例がオアシス。1stのdefinitely maybeは、どの曲をとってすばらしいメロディに溢れていました(slide awayなんかすごくメロディアスで好きだなあ)。昨年に出された彼らの最新アルバム「dig out your soul」は、「1stに匹敵するアルバムだ」というふうに言われていますが、私はやはり、そうは思えなかったです(とてもよいアルバムだとは思いましたけど)。
 やはり、アーティストにとって、よい曲(よいメロディ)を書き続けるということは、非常に難しいことなんだろうなあと思うわけです。
 そういう意味でもずっとよい曲を普遍的に書き続けてるレッチリ(及びジョン)は、稀有な存在なんだなと感じます。(「お前が単にファンだから、そう思うだけだろ」と言われるかもしれませんが・・・)

 

 にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

MGMT 「Oracular Spectacular」

 なるほど、これが噂のmgmtですか。
 まもなく発表されるグラミー賞でもノミネートされているようです。彼らがエントリーされているのは「Best Remixed Recording, Non-Classical」という賞のようですが、どういうジャンルなのかは、意味不明です...
 「こういう音は80年代よくあったよ」とも思えるし、今までなかったような音であるような気もするし、ライナーノーツや雑誌では、彼らサウンドを説明する形容詞が、エレクトリック・サイケ・ファンク(???)とかフォーキー(????)とかよくわからないです...
 「ニューヨークの先鋭」みたいなことも書いてある雑誌がありましたが、本当に?これが?(失礼)

 つまり、そういうことなのでしょう。(どういうことだ)型にはまらない、はめることをさせない姿勢は先鋭であるとは言えます。
 曲はどれもポップで、②③⑤が私は好きです。



にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽