FC2ブログ

John Frusciante 「The Empyrean」 追記

 The Empyreanの日本盤ライナーノーツには、ジョンのインタビューも掲載されていますが、ちょっと気になるコメントがありました。

 レッチリとソロの違いを聞かれたジョン曰く
 「チリペッパーズには、特殊なエネルギーがあって、世の中でも特定の捉えられ方をしている。それにファンがRHCPから期待しているものも決まっているんだ。だから、RCHPのために曲を作るときは、自分のアイデアが事前にエディットされちゃってるんだ。RCHPでは、僕は自由奔放にアイデアを出しているわけではなくて、このバンドのエネルギー、意図、そして境界線の中で自分のアイデアを追及しているだけなんだ。」
 「RCHPのようにラジオ・バンドとして知られていると、こういう曲をやってはいけないという枠が決められているんだ。ラジオでどういう曲が流れるか、ファンがどういう曲を気に入るかという既成概念があるからなんだ。だから、チリ・ペッパーズとして活動するときの方が、自分の中で葛藤があるんだ。」

 う~ん、確かにレッチリはラジオバンドだし、ソロでこれだけの芸術度の高い作品を作る能力があるジョンにとっては、ジレンマはあるのでしょうね。
 calfonicationでレッチリに復帰以降のジョンは、完全にバンドの創造面での中心にいて、結構周りのメンバーを押さえつけて、自分勝手にやっているイメージがあったので、ちょっとショックなコメントですね。ジョンの中でバンドはどのくらいの位置づけになっているのか?レッチリはこれから、どこに向かっていくのか?次回作はいつ頃のタイミングになるのか?などなど気になってきます。

 
 ジョンがよくライブでカバーするelton johnのtiny dancer

にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ   にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽