FC2ブログ

サン=サーンス 「死の舞踏」

 昨日はフィギュアスケートのGPファイナルのフリーがあり、女子は日本の浅田真央選手が優勝しました。トリプルアクセルを2回決めたのは女子では世界初ということで、見事な演技でした。
 真央ちゃんはもちろん素晴らしかったのですが、残念ながらジャンプの失敗で2位になってしまった「キムヨナ」選手の演技もまた素晴らしいなあと見入ってしまいました。
 彼女の表現力を見ていると、フィギュアスケートはスポーツ競技ではなく一つの芸術ジャンル(パフォーミングアーツ)としたほうがよいのではないかと思ってしまいます。

 さて、そのキムヨナ選手がショートプログラムで使用していた曲がサン=サーンスの交響詩「死の舞踏」です。
 私は、自分の仕事の関係でクラシックコンサートに行かせていただくときがあるのですが(でもそのおかげで、結構クラシックも聴くようになりました)、今年の10月に新日本フィルの定期演奏会で聴いたのがこの曲を知ったきっかけでした。
 
 独奏のヴァイオリンが印象的なとても神秘的で、キムヨナ選手の華麗な演技にぴったりな名曲だと思います。
   
 私も買いましたが、クラシックファンの間で評価の高いシャルル・デュトワ指揮の名盤です。

  にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
 
スポンサーサイト



テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽