FC2ブログ

RED HOT CHILI PEPPERS 「BLODD SUGAR SEX MAGICK」

 私がレッチリと出会ったのは、この「BLOOD・・・」の前のアルバム「母乳」だったのですが、少なくともそれ以降のアルバムについては、どれも名盤・名曲揃いで、大好きなのですが、1枚選べといわれれば、やはりこの「BLOOD・・・」ということになるのではないでしょうか。

 レッチリはこのアルバムでにおいて初めてバラードを作ったと言われていますが、以前からそのメロディアスでシリアスな要素は感じられました。(例を出すなら「knock me down」や「behind sun」そして、のちのラップメタルバンドCRAZY TOWNによりサンプリングされた「pretty little ditty」など)
 このアルバムのレコーディング時の模様を映像化したビデオ・DVD「FUNKEY MONKS」も発売されています。1軒屋にメンバーが泊まり込んで作品制作にのめりこむ様子や、プロデューサーのリック・ルービンがメンバーにツェッペリンを聴かせている様子などが興味深いです。なお、リック・ルービンはレッチリを手掛ける前もビースティーボーイズ、スレイヤーなどユニークな作品を手掛けていますが、現在の彼のプロデユース手法であるなるべく贅肉をそぎ落としたシンプルな音づくりは、レッチリの「BLOOD・・・」により確立されたのではないかと思います。if you have to askなどはその真骨頂でしょう。
 シンプルな演奏・最小の音による独特のグルーブ感を彼ら自身もこれ以降の作品では再現できていません。テクニック・精神・年齢など様々な要素が最高潮であった時期だからこそ作りえた名作であると思います。
 フリーのベースはもちろん素晴らしいですが、ジョン・フルシャンテのギターが素晴らしい。今でこそ天才ギタリストとして名をはせましたが、当時はアンソニーとフリーの陰に隠れた存在であったと思います。彼の才能はこのアルバムで完全に開花しております。
 このあとの来日コンサート中にジョンが脱退とするということになりました。私はその当時京都公演のチケットを入手しており(大阪公演が手に入らなかった・・)、当日公演会場でジョンの脱退とコンサートの中止のダブルショックな事実を知りました。
 
 元ジェーンズ・アディクションのデイブ・ナヴァロを迎えた「ONE HOT MINUTE」(駄作との声が一部ありますが、私は今でも愛聴しています)とデイブの脱退を経て、ジョンが復活して出された「CALFONICATION」発表後の来日コンサートで私はオープニングから3曲目くらいまで何故か涙がとまらなかったのを思い出します。
 自分の人生の様々な場面(どれもどうしようもないものですけど・・・)にはいつもBGMにレッチリがかかっていたような気がしたり、レッチリはいろいろ紆余曲折があったんだなあなどというような感情が交錯しまくって涙がとまらなかったのです。。。
  
 レッチリ「BLOOD・・・」私的ベスト5曲
 ① sir psycho sexy
 ② if you have to ask
 ③ funky monks
 ④ mellowship slinky in b major
 ⑤ the power of equality

にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへにほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

THE STONE ROSES 「THE STONE ROSES」

 ストーン・ローゼスの1stアルバムです。

 80年代はロックにおいて空白の10年などと言われてます。産業ロック、ヘビィメタル、アイドルポップしかないような音楽シーンだったと思います。(U2、スミス、プリンスくらいでしょうか?)
 そんななか、衝撃的に登場したのが、今では伝説となったストーン・ローゼスです。「単なる60年代ロックの焼き直し」とか「rockin'onが過剰なプッシュをしているだけ」というような声もありましたが、60年代を知らない自分にとっては「今まで一生懸命聴いていたものは何だったのか?」と感じた衝撃の作品でした。
 まず、ロックにアシッドハウスのダンスビートを重ねるという手法が新しかったし、そのサウンドにシニカルでパンクで超文学的な詩がのっかるという、時代の音楽である要素をすべてかねそなえています。(アメリカでは受けないでしょうけど。。。)これに当時の若者が熱狂しないわけがないはずです。
 アルバムの冒頭を飾る超名曲”I wanna be adored"での「崇拝されたい」宣言をはじめ、1stの曲はすべて名曲で、完璧。何度繰り返して聴いたかわかりません。
 その後出されたシングル”fools gold"。バリバリのイギリス白人ファンクチューンでこれも超々名曲です。
 このあと5年という長い空白を経てようやく出された2nd 「SECOND COMING」はよい曲もあるのですが、1stほどの衝撃はなく、まもなく、名ドラマーのレニが抜け、解散という道をたどります。
 今ではイアン・ブラウンが自分のコンサートでローゼスの曲を演っているもようですが、微妙な心境ですね。ピクシーズ、マイブラ、ヴァーブ、ジザメリなどなど再結成ブームですが、彼らだけは再結成してほしくないような気がする今日この頃です。
 ストーン・ローゼス亡きあと、OASIS、RADIOHEAD、COLDPLAY、最近ではARCTIC MONKEYSなどローゼスの何100倍(何1000倍か?)も売れている素晴らしいバンドは多数あれど、何か違うんだなーと感じてしまう自分です。
   
 (リマスター盤があるんですね。。。知らなかった。買おうかな。。)

 ストーン・ローゼス私的なベスト5曲
 ① i wanna be adored
 ② bye bye badman
 ③ fools gold (single)
 ④ elephant stone
 ⑤ i am the resurrection

にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

自分に影響を与えた音楽

 洋楽(ロックがほとんど)は中学生のときから、聴いていました。テレビ神奈川で放送していたbillboardとか熱心にチェックしてましたね。
 この歳になっても毎月購入するCDは3~10枚といったところでしょうか。(小遣いほとんど投入です)音楽を聴くのは今では通勤途中にipodでというのが、ほとんどになってしまいましたので、音楽を聴くのが目的というよりも、今では、CDを買うのが目的といった感じです。単なるCD購入中毒なだけという悲しい気もしますが。。。
 
 タワーレコードの宣伝文句(?)に”no music , no life”ってありますが、自分の考え方とか生き方に影響を受けた、生涯のアルバム/バンド・アーティストというのがあります。

 THE STONE ROSES 「THE STONE ROSES」(1989)

 DINOSAUR JR. 「GREEN MIND」(1991)

 RED HOT CHILI PEPPERS 「BLOOD SUGAR SEX MAGIC」(1991)

 レッチリについては、「母乳」とどちらにしようか迷うところですが、完成度からいえば明らかに「BLOOD・・・」のほうが上なので。。。
 人生に影響を受けたといっても、「じゃあ、おまえはそんなロックな生き方をしているのか?」と言われれば、もちろんそんなことはなく、単なるフツーのサラリーマンですし、「おまえの考え方はそんなに大層なものなのか?」と言われれば、すみません。そんな大層なものはありません。。。。ごめんなさい。
 でも、単純に一番好きなアルバムというレベルではないんですよね。何かそれ以上の自分の人生にとって重要な位置づけなんですよね。

 いずれも自分が高校3年生~大学浪人時代~大学1年生の頃に発売されたものです。
 誰でもそうだと思いますが、何というか多感な年ごろに遭遇したアルバムが一番心に残っていませんか?
 1990年前後は、イギリスではマンチェブームがあり、シューゲーザーのちょっとしたムーブメントもあり、アメリカではオルタナブームがあって、ロックシーンにとっては実り多き時期だったと言われていますが、この時期に青春時代(!)を送ったのは、自分にとって本当に大きかったです。
にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへにほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

SWERVEDRIVER

 90年代にロック界でややムーブメントとなったshoegazaer系の音は好きでしたね。特にmy bloody valentineやrideなどは当時とても好んで聴いておりました。轟音ギターにメロディアスな旋律という日本人好みのジャンルだったといえるのではないでしょうか?
 
 このswervedriverについては、なぜか当時は聴いておらず、つい半年前にHMVの通信販売でベスト盤を入手して以来、かなりはまってます。(しかしホント通販って便利ですね。便利すぎて買いすぎてしまいます。)
 今回彼らのCERATION時代の3作品がreissueされたわけですが、1st、2ndは入手できていなかったので、この機会に早速2枚とも入手しました。すごくかっこいいです。特にraiseの4曲目deep seatのサイケなフィードバックノイズには完全にやられてしまいます。
 ベスト盤しか聴いたことがなかったので、2nd収録の名曲last train to satansvilleのエンディングがギターノイズが延々と続くというのも新鮮でした。
 このバンドは今の時代ならもっと評価されたはず。再結成でもっと盛り上がってくれないかな。

    

 現在彼らは北米をツアーしているようですが、是非この勢いで来日&ニューアルバムとなってほしいものです。。。

 swervedrive私的なベスト5曲
 ① deep seat
 ② last train to satansville
 ③ 99th dream
 ④ my zepher
 ⑤ rave down

かなり最新のライブ映像と思われます。カッチョイイ!
にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへにほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽